2013年06月13日

関電のはぴeタイム、オール電化などについて

関西電力の電力値上げ申請の書類を読んでいると、意外なことがかかれていたので、備忘録として書いておきます。

はぴeタイムという季節別時間帯別電灯料金だが、はぴeプラン(全電化住宅割引)の新規加入停止として、平成27年4月1日以降(つまり2015年4月1日以降)は新規加入できないとある。ピーク電源が足りない可能性もあるのだから、廃止するならすぐにでも廃止してはどうかと思う。

はぴeタイムは、ご加入条件の一部を変更、「夜間蓄熱式機器等の保有」を廃止とある。これはエコキュートをもっていないと入れなかったのを緩和したもので、当然のことだ。

出所:総合資源エネルギー調査会総合部会第11回電気料金審査専門委員会、2012年1月28日、資料5−1、関西電力「電気料金の値上げ申請について」2012年11月、p.21


タグ:関西電力
posted by 大島堅一 at 14:04| 電気料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。