2013年06月13日

日本原燃への再処理料金支払い

関電の資料を詳しくみていくとおもしろいことがわかります。

日本原燃が所有する六カ所再処理工場でのアクティブ試験開始(2006年3月)以降、再処理料金を毎年136億円ずつ支払っているようです。

実際には、2034億円を前払いしてしまっているので、毎年その前払い金が減っていくというからくりになっていますが、まだ関電の使用済燃料が再処理されていないにもかかわらず、2006年以来毎年支払っているということになっているのには大きな違和感を持たざるを得ません。

出所:総合資源エネルギー調査会総合部会第15回電気料金審査専門委員会、2013年1月18日、資料4−1、関西電力「設備投資関連費用」2013年1月18、p.32

電気料金の実質的審査をした専門委員会の議事録まではまだ読んでいませんが、原発問題に詳しい方がいて、きちんと問題を指摘したのでしょうか。時間があれば、チェックしたいと思います。
ラベル:関西電力
posted by 大島堅一 at 15:22| 電気料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。